プリントTシャツの匂いについて

標準

特殊な

プリントTシャツを利用していると、匂いが気になることがあります。

なぜそのようなことが起こるのかというと、プリント部分に
使われているインクの匂いが強くでているからです。

このタイプのTシャツは他のものに比べて大きな印刷部分が
ありますから、その影響で問題が起こるケースが存在します。

そのようなプリントTシャツの問題に対しては、
特殊な洗い方をすると直せることがあります。
その洗い方とはお酢を少し入れたお湯につけて洗うことで、
そうすると匂いがほとんどなくなります。

独特な

ただこの方法は必ずうまく行くわけではないので、
効果がない場合もあります。
そういう場合は市販の香りの強い洗剤で洗うなどの
ことをすれば、改善できることが多いです。

またプリントTシャツが匂う場合は汗などが原因の場合も
あるので、そういう時は洗い方を変えてみるのも手です。
ただしこのタイプの衣類は傷みやすいので、
無理のかからないような洗い方をした方がいいです。

Tシャツプリントの際に気を付けたい注意点

標準

一般的に、オリジナルTシャツを作成する場合、
プリントする方法としてシルクプリントという技法が使われます。

こうした技法によってTシャツプリントを行う際には、
Tシャツのデザインに注意する必要があります。

気をつける

というのは、布にある網目を通してインクがTシャツの生地に
印刷されていくので、あまりにデザインや文字などが
細かすぎると、印刷したとしてもデザインが欠けてしまうことが
あるからです。

文字であれば、1文字あたりの大きさは5mm以下になってしまうと
注意が必要です。
もしどうしても小さい文字を使用したいという際には、
Tシャツプリントの専門店に予め相談しておきましょう。

適当な

また、同様に文字の太さにも注意します。
線の太さについては0.5mm以上になるようにした方が賢明です。

さらに、Tシャツの肩の部分や脇の部分などにデザインを
プリントする際には、縫い目など布の重なっている箇所には
インクがうまく印刷されません。
デザインはそうしたことを考慮して考える必要があります。

自分でプリントTシャツを作る時の作り方

標準

図柄や模様が入ったプリントTシャツというのは、
実は自分で作れます。
いくつか作り方がありますが、一つは
例えば絵具を使う方法です。

芸術的な

プリントしたい模様のかたちがくり抜かれた
紙型のようなものを作っておいて、それを
プリントしたい場所に置き、その上から布用の
絵具を吹き付けるというものです。

布用で乾けば生地と一体化するので、それで完成となります。

すばらしい

また、PCやプリンタを使う方法もあります。
PCの中に取り込んでおいたプリントしたい絵柄等を、
プリンタでTシャツ転写紙にプリントアウトして、それを
適宜必要な大きさにカットし、Tシャツの上に置いて、
アイロンで熱転写するのです。

その後転写紙の裏紙のシートを剥がして完成となります。

どちらの作り方でも少々の出費で済み、自分だけの
オリジナルTシャツが作れます。

プロに発注した方が完成度は高いかもしれませんが、
自分の満足いく一品を作ってみたいという気分になった時は
試してみるといいのではないでしょうか。

Tシャツのプリントは必ず確認を

標準

自分が考えたイラストや文字がプリントされたTシャツを
着ることで、おしゃれの楽しみが広がります。

今ではインターネットを利用して、簡単にオリジナルTシャツの
制作が依頼できますが、このときに注意したい点があります。

印象的な

それは、デザイン通りにプリントしてもらうには
仕上がり見本を事前に確認するということ。

例えば、Tシャツの色が白なら、デザイン通りの
プリントができます。

しかし、黄色や赤、黒などの色があると
仕上がりイメージが変わります。

その為、手元に届いたときに「イメージしていたの
と仕上がりが違う」という問題が生じる可能性があります。

思い通りの

イメージと違うという問題を未然に防ぐ方法が、
仕上がり見本をしっかりと確認するということです。

色の相性などもありますから、事前に確認しておきましょう。

また、解像度によってもプリントの綺麗さが変わります。
高解像度になればなるほど、プリント密度が高くなり、
ぼやけのない状態で印刷されます。

オリジナルTシャツにはラインストーンがキレイです

標準

楽しむ

Tシャツはラフなスタイルの際に欠かせないアイテムですが、
女子会などおしゃれをして行きたい時には何か物足りないと感じることもあります。

しかし、ラインストーンをつければ一気に華やかさが増して
お出かけ着にも変身します。

オリジナルTシャツでは好みに合わせて、さまざまなデザインに
作ってもらうことが出来ますが、プリントとともにラインストーンつけまで
お願いすることが出来ます。

透明な石だけでなく、カラーバリエーションも豊富にそろっているので、
ブラックやシルバーなら男性用としてもぴったりです。

美的な

全体的に散りばめてもらったり、絵柄に合わせて乗せてもらう方法、
また石を並べることで絵柄を作ってもらうという方法もあります。

ラインストーンは、小さなパーツを一つ一つ手作業で
つけてもらうことになるので料金が高めになってしまいます。

しかし、あらかじめ購入したTシャツに後から自分でつけることもできます。
アイロンの熱で接着するだけなので、初心者でも手軽にオリジナルTシャツを
作ることが出来ます。

Tシャツプリントで嬉しい短納期対応

標準

自分の好みを反映させたい代表的なアイテムにTシャツがあります。

私生活はもちろん、お出かけの際に思いのこもった
お気に入りのTシャツを着て出かけるとテンションが高まって
楽しいものです。

お気に入り

なお、これが好きなようにプリントをしたオリジナルのTシャツだと、
テンションの高まり方が違うものです。

活用法として、所属しているスポーツクラブなどのメンバー用に、
同じデザインでプリントして何枚も作ると言ったことも面白いでしょう。

なお、色々と用事の都合で急を要することが出てくることも
あるでしょうが、短納期対応が可能なプリント会社もありますから、
そういったところに依頼をすると良いでしょう。

魅力的

工場の休業日だとどうすることもできませんが、
通常の運営時であれば、朝に注文をして、
その日の内に発送すると言う短納期対応が可能です。

なお、自分でデータを入稿して作成してもらう場合には、
ここまで早く対応できないこともありますが、それでも
翌営業日の発送と言う早さですから嬉しい限りです。

オリジナルのTシャツプリントをするなら店舗でも

標準

オリジナルのTシャツは、学校の体育祭や学園祭、文化祭、またイベント、
会社のユニーホームなど様々なところで活用できます。

着ているTシャツのプリントがオリジナルで一緒のデザインなら、
一体感もありますし、何より他の人からすぐにスタッフだと
気が付くことが出来ます。

初めてオリジナルのTシャツプリントを作るときには、枚数やデザイン、
またかかる料金など気になることが多くありますが、インターネットで
専門のTシャツプリントをしてくれる店舗が多くあるので、そこに依頼すれば
要望に合わせたものを作ることが出来ます。

個性的な

Tシャツだけでなく、ポロシャツやトレーナー、ブルゾンやパンツ、
エプロンなど他のアイテムも作ることが出来ます。

カラーや素材なども希望するものを選択出来て、見積もりや質問などは
ネットから無料で出来ます。

特別な

実際の店舗もあるので、全国対応になっているお店も多いです。
お店によっては、1枚からの注文でも受け付けているところもあります。

記念に一枚だけというのも出来るので、プレゼントなどにもお勧めです。

オリジナルTシャツはスポーツに向いている

標準

高校や大学などでスポーツ系の部活などに入っている人の中には、
これから大会などに出場するために、チームのメンバーで
お揃いのTシャツなどを着ようという方もあるかもしれません。

そのような場合には、オリジナルTシャツがおすすめです。
自分たちのチーム名やロゴなどを入れたオリジナルTシャツを作れば、
よりチームの連帯感も高まって勝利に近づく事にもなります。

若々しい

スポーツをするうえでも、Tシャツなら動きやすく丸洗いもしやすいために、
実用的でありながら機能もしっかりと果たしてくれます。

大会などに出場する場合だけではなく、それに向けて
練習を重ねる際にも、皆でお揃いのTシャツを着ているだけで、
連帯感をより強く感じることにもなり、皆で力を合わせて
頑張ろうという気持ちも高まるわけです。

みんなで

注文をする際には、自分たちの手書きのデザインなどを
そのまま反映させてもらう事なども可能なので、
出来るだけわかりやすく希望などを伝えていくと良いでしょう。

Tシャツのプリント割れを防ぐ方法とは

標準

Tシャツのプリント部分が割れてしまう大きな原因となるのは
洗濯をしているときの摩擦によるものです。

効果的に

そのため割れを予防するためにはTシャツを裏返して
洗濯することが大切です。

出来ればネットに入れれば尚良いでしょう。
そして洗濯機で洗ったあとはプリント部分が
日光にあたらないように、裏返しのまま風通しの良い
日陰に干して乾かすのがおすすめです。

たったこれだけのことでもTシャツのプリント部分の
割れを防ぐ効果はかなり期待出来ます。

長く

雨の日や寒い日などは乾燥機で乾かすこともありますが、
プリント部分の割れを防ぎたいならば出来るだけ
自然乾燥のほうが良いでしょう。

洗濯物の乾きが悪いときには扇風機や除湿機など
熱があたらない乾かし方をするのがおすすめです。

そうすればお気に入りのTシャツのプリント部分を
出来るだけ長持ちさせることが出来て、日々のファッションを
楽しむことが出来るでしょう。

特に着用回数が多いお気に入りの場合は毎回注意して
お手入れをするのが大切です。

オリジナルプリントを長袖のTシャツにしてもらう

標準

豊富な

オリジナルTシャツというと、半袖のTシャツに
プリントしてもらうイメージです。

しかし、何も半袖のみが対象となっているわけではありません。

長袖のTシャツもオリジナルプリントをしてもらうことができます。
ただ、すべての業者が扱っているとは限りません。

業者は、あらかじめ生地にするTシャツを選んでから
オリジナルのデータを印刷するようになっていますが、
そもそもその生地にラインナップがあるかどうかを
まずは確認する必要があります。

たくさんの

ラインナップが豊富な業者は、サイズのみならず、
色や材質、微妙な形状の違いなどを取り揃えているため、
オリジナルTシャツを自分の好みに仕上げやすくなります。

コストも一枚当たり1000円以下という業者もありますので、
別段高いわけではありません。

大量に作ればさらに安くする割引を行っている業者もあります。

予算をかければよい物を用意することはできますが、
低予算であったとしても十分仕上りが良い物を
注文できるのです。

実際に利用した人のレビューが見られるようにしている
業者もあります。

インターネットの通販サイトと同じように、星の数で
その評価を見られるようになっています。

Tシャツは着てみないと着心地がわかりませんし、
質についてもインターネットの情報からではわかりません。

そのため、どの業者を利用するかを検討する際には、
このようなレビューがあるのであれば活用したほうが、
満足できる業者を選ぶことができるでしょう。