自分でプリントTシャツを作る時の作り方

標準

図柄や模様が入ったプリントTシャツというのは、
実は自分で作れます。
いくつか作り方がありますが、一つは
例えば絵具を使う方法です。

芸術的な

プリントしたい模様のかたちがくり抜かれた
紙型のようなものを作っておいて、それを
プリントしたい場所に置き、その上から布用の
絵具を吹き付けるというものです。

布用で乾けば生地と一体化するので、それで完成となります。

すばらしい

また、PCやプリンタを使う方法もあります。
PCの中に取り込んでおいたプリントしたい絵柄等を、
プリンタでTシャツ転写紙にプリントアウトして、それを
適宜必要な大きさにカットし、Tシャツの上に置いて、
アイロンで熱転写するのです。

その後転写紙の裏紙のシートを剥がして完成となります。

どちらの作り方でも少々の出費で済み、自分だけの
オリジナルTシャツが作れます。

プロに発注した方が完成度は高いかもしれませんが、
自分の満足いく一品を作ってみたいという気分になった時は
試してみるといいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)